記事詳細

香港デモの名物女性 深センで45日間拘束、強制的な思想教育も (2/2ページ)

 警官らはウォンさん保釈の前に、中国共産党の歴史を学ぶ必要があるとして、「愛国ツアー」への参加を強制。このツアーは、かつて毛沢東ら中国共産党指導者が立てこもって、国共内戦や抗日戦争を戦ったことで「中国共産革命の聖地」といわれる陝西省延安などを訪問するものだという。

 ツアーでは毎日、中国の国歌「義勇軍行進曲」を歌ったり、中国の国旗「五星紅旗」を振って、カメラに収まるなど、屈辱的な扱いを受けたとウォンさんは語っている。

 その後、ウォンさんは保釈されたが、当分の間、深センに滞在するように強要され、10月になって、ようやく香港に戻ることが許可されたという。

 ウォンさんは会見で「政治情勢に抜本的な変化が訪れない限り、もう大陸に行く勇気はないが、私は死ぬまで戦いをあきらめません」と強気なところを見せていた。

NEWSポストセブン

関連ニュース