記事詳細

セクシー女優・里美ゆりあ激白、目黒のタワマン強盗被害 背後に黒幕? 犯人と会話も「ゆりあちゃん見てたよー、俺」 (2/2ページ)

 「私が昼間にいるってこととか、部屋番号、前にお付き合いしてた方の住んでいるところとかプライベートな情報まで知っていたので、かなり信頼している近い人からの情報かなと思った」

 マンションに侵入した千葉県成田市の飲食店従業員(19)と同県印西市の塗装工(17)と里美は面識がなく、一時はもみ合いになったが、殴られるなどの被害はなかったという。

 「犯人との会話もあったんですよ。『里美ゆりあちゃん見てたよー、俺』みたいな。もしかしたら私でお世話になったから暴力を振るわなかったのかもしれない。『小6で初体験やったんでしょ』って言われて、『何で知ってんの、あんた何歳でやったの』と聞いて、『教えない』とか。身の危険を感じたのは最初のひとコマでした」

 里美は同芸名では2008年にAVデビュー。11年から恵比寿マスカッツメンバーとしてテレビ東京系『おねだりマスカットDX!』にも出演、いまも現役のレジェンド女優だ。

 奪われた600万円のうち、逃走に使われた車内には、400万円ほどしか残っていなかった。

 「はらわたが煮えくりかえる。100万円稼ぐのも本当に大変なので。美容のメンテナンスとか商売道具で使わなければならないお金を現金でためていた部分もあった」と憤る里美。

 「夜這いにしてください、来るなら」と締めくくった。

関連ニュース