記事詳細

韓国でインフルワクチン接種80人超死亡 杜撰管理に不信感も (1/2ページ)

 本格的な冬将軍の到来を前に、厚生労働省が「インフルエンザ予防接種」の呼びかけを強化している。とくに重症化しやすい65歳以上の人には、各都道府県で無償接種や優先接種の措置が取られ、希望者は昨年比で1~2割増加しているという。

 そうしたなか、隣国から衝撃的なニュースが飛び込んできた。韓国の保健行政機関である疾病管理庁が、「インフルエンザワクチンの接種後1週間以内に、80人以上が死亡した」と発表したのだ。10月14日に接種を受けた17歳の男子高校生が2日後に死亡したのを皮切りに続出し、10月末時点で報告された死者は83人にのぼる。そのうち男性は46人。年代では80代が34人、70代が37人と、多くが高齢者で占められた。韓国の時事問題に詳しいジャーナリストの河鐘基氏が解説する。

 「韓国では10月19日から高齢者向けの予防接種支援事業が始まり、開始から1週間の間に死亡例の報告が相次いだ。もともと韓国はインフルエンザワクチンの接種率が高く、例年8割を超えていますが、死者が続出したという発表で接種控えが広がっている。一方、韓国では昨年、インフルエンザワクチン接種後に1531人の高齢者が死亡しており、今年が飛びぬけて多いわけではないから冷静になるべきだ、との声も出ています」

 ◆杜撰な管理、異物混入も

 韓国疾病管理庁では調査組織を立ち上げて死亡事例について調べたが、接種直後に現われるアナフィラキシーショック症状を起こした例もなく「すべての死亡事例で予防接種との因果関係は非常に低い」と結論づけた。

NEWSポストセブン

関連ニュース