記事詳細

韓国法相に検事300人超が反乱! 人事権や指揮権の乱発に…検事総長「生きた権力の不正だ」

 韓国で「検察反乱」が勃発した-。数々の疑惑を抱える秋美愛(チュ・ミエ)法相による尹錫悦(ユン・ソギョル)検事総長排除の強権発動を実名で批判した検事を、秋氏が攻撃したことで、現役検事300人以上が次々とこの検事への支持を表明したのだ。秋氏の暴走に沈黙を守ってきた現場が、政府の思惑に沿った捜査を無理強いしてきた文在寅(ムン・ジェイン)政権に「ノー」を突き付けた形だ。

 「人事権や指揮権の乱発だ」「検察改革は根本から失敗した」

 韓国南部・済州(チェジュ)地検の検事は10月28日、検察内部のネットワークに、秋氏を批判するこんな書き込みを行った。秋氏による、事件捜査の指揮から尹氏を外す捜査指揮権の行使や、大統領府の元高官らが絡む事件の捜査をしてきた検察幹部らを相次ぎ左遷した人事に、堪忍袋の緒が切れたようだ。

 文大統領の側近で、スキャンダルまみれで辞任に追い込まれたチョ国(チョ・グク)前法相が、この検事を批判する記事を交流サイトに掲載すると、秋氏も「上等です。そうやってカミングアウト(告白)してくだされば、答えは(検察)改革しかありません」と投稿した。

 現場の検事らは、これらを恫喝(どうかつ)・圧力と受け止め、猛然と反発した。

 「独断や抑圧、恐怖は改革ではない」「稚拙な攻撃」「私も(済州地検の検事と)同じ考えだ」「北朝鮮じゃあるまいし…」

 投稿は検事総数の15%に近い300件を超えたという。

 検事を統括する尹氏は3日、検察の部内向けの講演で、「国民が望む真の検察改革は、生きた権力の不正を、顔色をうかがわずに公平に捜査すること」だと力説した。文政権の不正に立ち向かう姿勢は確かなようだ。

関連ニュース