記事詳細

【勝負師たちの系譜】最も過酷な「王将リーグ」 藤井二冠は“超一流”を証明できるか (2/2ページ)

 王将リーグにおける4敗目は、そのままリーグ陥落を意味する。たとえ結果的に陥落しても、だらだらと連敗して落ちるのと、踏みとどまる力を見せつけるのでは、他の棋士に対する威圧感が全く違うのだ。

 「藤井も並の一流棋士と同じなら、俺にも勝つチャンスはある」と思われると、そうそうまとめては勝てないし、藤井伝説は終わってしまう。

 しかしここから藤井は、対佐藤(天)、広瀬戦に連勝して踏ん張り、最終局に勝てば、残留の可能性が出てきた。王将リーグ残留は、超一流の証しである。

 反対に渡辺明王将に挑戦する争いは、豊島が4連勝。そして羽生と永瀬の3連勝同士の対決を永瀬が制して、豊島と並んだ。

 豊島は勿論だが、永瀬もいよいよ一流から、超の付く一流棋士の仲間入りをしつつあると見て良いかも知れない。

 ■青野照市(あおの・てるいち) 1953年1月31日、静岡県焼津市生まれ。68年に4級で故廣津久雄九段門下に入る。74年に四段に昇段し、プロ棋士となる。94年に九段。A級通算11期。これまでに勝率第一位賞や連勝賞、升田幸三賞を獲得。将棋の国際普及にも努め、2011年に外務大臣表彰を受けた。13年から17年2月まで、日本将棋連盟専務理事を務めた。

関連ニュース