記事詳細

文在寅政権が日本を巻き込む「三文芝居」の軽薄な目的 (1/3ページ)

 最近、韓国の要人が相次いで日本を訪問し、菅義偉首相と面談した。まず、情報機関である国家情報院の朴智元(パク・チウォン)院長が8日から訪問。続いて12日から、金振杓(キム・ジンピョ)会長ら韓日議員連盟の代表らが日本を訪れた。

 日韓関係が「戦後最悪」とも言われる状況にあって、朴氏の訪日は「何か動きが出るのか」という期待を抱かせた。歴史的に、国情院長は北朝鮮との対話でも重要な役割を果たしてきており、今回も特別なミッションを担っているかもしれないと思わせたのだ。

 結果的に、朴氏や議連代表らの訪日後も両国関係に進展は見られなかったが、こういうことは時間がかかるものでもある。待っていれば、いずれ何かがわかるかもしれないと、淡い期待を維持した。それを完全に放棄したのは、韓国紙・中央日報に掲載された議連の金振杓会長のインタビューを見てからだ。「日本政府、東京五輪に金正恩氏招待の意向」と題した同紙18日付のインタビュー記事は、次のような内容である。

 〈今月12~14日に訪日した金議員はこの日の中央日報との単独インタビューで、日本政府高位当局者との面談内容を公開して「金委員長が出席する意向があるなら、五輪組織委員会を通じて正式に招待する場合もあると話した」と伝えた。

 金議員は、韓国が北朝鮮の五輪参加に協力すると言うと、日本の高位外交当局者が「もし金正恩国務委員長が出席すると話したら、東京五輪組織委員会を通じて公式に招待することができると明らかにした」とも公開した。続いて「東京五輪組織委員会会長である森元首相も出席意思があるなら招待するのが道理ではないかという話をした」とも紹介した。〉

デイリーNKジャパン

関連ニュース