記事詳細

将棋ネット中継に熱視線 AI分析や「目隠し対局」など独自企画で“観る将”浸透 (1/2ページ)

 最年少二冠となった藤井聡太棋聖・王位(18)や、タイトル通算100期が懸かった羽生善治九段(50)など話題の続く将棋界。熱戦が繰り広げられる中、ファンの視線を集めたのがインターネット放送の対局中継だ。独自の対局企画や形勢を瞬時に判断するAI(人工知能)システム導入で新規ファンの取り込みに成功。自ら指すよりも観戦が中心の「観(み)る将」という楽しみ方も浸透してきた。

 5四香-。

 8月20日、八大タイトルの一つ、王位戦の第4局2日目。藤井二冠(当時棋聖)が45分の長考の末指した62手目で、木村一基九段(47)=当時、王位=との間で徐々に開きつつあったAIの評価値の差はさらに開き、タイトル奪取がぐっと近づいた。

 王位戦は動画配信の「ABEMA」で全局生中継され、藤井二冠誕生が決まったこの日の視聴者は累計約500万人に上った。番組担当者は「長時間に及ぶ対局はネット中継と相性が良い」と手応えを示す。

 2016年開局のABEMAは、17年2月に将棋チャンネルを開設すると、当時デビュー間もなかった藤井二冠(当時四段)が羽生九段(当時三冠)らトッププロ7人と対局する企画を開催。非公式戦ながら藤井二冠は羽生九段ら6人に勝利し、話題となった。

関連ニュース