記事詳細

日本版「航行の自由作戦」検討されていた! 16年に「中国の“領海”通過」仰天計画

 日本政府内で2016年、秘密裏に日本版「航行の自由」作戦が検討されていたことが明らかになった。中国の領海侵犯への対抗措置として、中国が南シナ海の人工島周辺で「領海」と主張する海域を、海上自衛隊の艦船に通過させる計画。ただ当時の安倍晋三政権中枢が、中国の反発で関係が極度に悪化する懸念があると判断し実施を見送ったという。

 中国海軍艦は16年6月9日、初めて尖閣周辺の接続水域に入り、領海へ向けても航行。同月15日には別の中国海軍艦が鹿児島県・口永良部島の日本領海に侵入した。日本政府は中国側の行動は「ステージが1段階上がった」(自衛隊幹部)と判断。中国公船の一連の行動への対抗措置の検討を始めた。

 防衛省海上幕僚監部などが中心となり選択肢の一つとして、中国が南シナ海で大規模に埋め立てて造成した人工島周辺に主張している「領海」を、海自艦に通過させる計画を作成した。

 日本はアフリカ・ソマリア沖での海賊対処に海自艦を派遣しており、現地への往復時に作戦を実施する方向で検討した。

 しかし当時、政府は習近平国家主席の初来日も視野に日中関係を改善させる方向で外交を進めていたことから、最終的に実施を見送った。関係筋は「中国は隙を見せると突いてくるので、あらゆる対応の検討が不可欠だ」と話している。

関連ニュース