記事詳細

中国の王毅外相が韓国外相と会談、日米韓連携にくさび

 【ソウル=桜井紀雄】中国の王毅国務委員兼外相は26日午前、訪問先の韓国ソウルで韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相と会談した。午後には文在寅(ムン・ジェイン)大統領と会談する。南北間の対話が滞っている北朝鮮をめぐる問題や、新型コロナウイルス対応での協力策が議題となる。

 王氏は、康氏との会談冒頭、「両国関係は新型コロナの試練を耐えて強靭(きょうじん)さを見せている」と述べ、中韓は「戦略的な協力パートナー」だとも強調した。

 王氏の訪韓は昨年12月以来。来年1月に米次期大統領に就任する見通しのバイデン前副大統領は、対中牽制(けんせい)に向けて日韓との連携を重視している。中国にとっては、韓国を中国側に引き込み、日米韓連携にくさびを打つ狙いがあるとみられる。

 韓国の文政権にとっては、南北対話の停滞に加え、悪化した日本との関係改善のめどが立たない中、中国の習近平国家主席の訪韓を実現させ、外交的成果としたい考えだ。中韓は新型コロナの状況が安定し次第、習氏の訪韓を実現させることで一致しているが、具体的な時期は詰め切れていない。(産経新聞)