記事詳細

【不肖・宮嶋 コラコラ記】まだあったん? 分裂の社民党「総括」のとき ありもしない「日本軍の蛮行」既成事実にしたんは福島センセイやんけ! (2/2ページ)

 そんな社民党が今や滅亡寸前…テレビ局や大新聞社はたった1人残され、孤軍奮闘…あっあかん…社民党員に「軍」はタブーや…1人ドロ船に取り残された、福島センセイに同情や哀れみで記事書いてないか? 安倍前首相の辞意表明のときみたいに会見開いて、キツイ質問はなさらんのか?

 今こそこの社民党とその前身の社会党や、その所属議員がどれほど、日本の国益を損ない、日本人の生命と安全を脅かしてきたか、ということを、アンタらサヨクが大好きな言葉で言えば「総括」するときやろ。

 このたった1人残った福島センセイ1人ですら罪は重いで。弁護士時代に、朝日新聞が捏造したありもしない「日本軍により強制連行された従軍慰安婦」と称する嘘つき女を朝日新聞とつるんで日本へ連れてきては、ありもしない「日本軍の蛮行」を訴えさせ、デタラメを既成事実化させたんは他ならぬ福島センセイその人やんけ。それによって現在に至るまで、わが国は韓国に強請られ、たかられ、大金をだましとられ続けとるのである。これら、みーんなアンタらがやり始めたことなんや。

 ■宮嶋茂樹(みやじま・しげき) 報道カメラマン。1961年、兵庫県明石市生まれ。日本大学芸術学部卒業後、「フライデー」専属カメラマンをへて、フリーになり、数々のスクープ写真を撮影。世界の戦場でも取材を行う。

関連ニュース