記事詳細

高須院長「リコール署名簿」提出を辞退 無関係団体が活動続行、個人情報漏洩の懸念

 愛知県の大村秀章知事(60)の解職請求(リコール)運動を行った「高須クリニック」の高須克弥院長(75)は今月上旬、全身がんによる健康悪化を理由に「一時停戦」を宣言した。ところが、別団体が一部地域で署名活動を続けているため、高須院長は25日、愛知県選挙管理委員会に「署名活動中止」と「署名簿提出の辞退」を通告した。

 「11月上旬に選管へ仮提出した後、『お辞め下さい大村秀章愛知県知事愛知100万人リコールの会(以下、リコールの会)』として停戦を宣言した。だが、関係のない団体が署名を続け、県民の個人情報を危うくしている。今行われている活動には責任が持てず、同意できない」

 高須院長は、夕刊フジの取材にこう語った。

 県選管に提出した通告書には、活動の中止や署名の提出辞退だけでなく、別団体の署名活動を中止勧告するよう強く求めている。

 高須院長は25日に提出する際、地元メディアを対象に記者会見をしたが、「1行も記事にしてくれていない。リコールの会として公式に発表していることが県民の方々に伝わらない」と憤る。

 別団体の活動について、高須院長のSNSには「私の個人情報は守られているのか」という趣旨のメッセージが数多く届いているという。

 高須院長は「リコールの会が仮提出した署名簿は、封印したまま僕の目の前で溶解液に入れて破棄する方針だ。万が一、リコールの会が集めた署名簿の情報が漏洩(ろうえい)した場合、すべて責任は取ります」と話している。

関連ニュース