記事詳細

【日本の元気 山根一眞】科学技術で歴史検証「日本史サイエンス」に感動 (3/3ページ)

 本書は、私も『小惑星探査機はやぶさ2の大挑戦』など2冊を書いている科学書シリーズ「ブルーバックス」だが、科学技術に疎い読者でも一気に読めるブルーバックスらしからぬ読み物だ。それにしても初の一般向けの本書を書いた播田さんはすでに79歳。そのエネルギーと緻密な頭脳にはいたく敬服。ぜひお目にかかりたいと講談社に「強引に依頼中」で対談が実現できればいいなと回答待ちです。

 ■山根一眞(やまね・かずま) ノンフィクション作家、福井県年縞博物館特別館長。愛地球博愛知県総合プロデューサーなど多くの博覧祭も手がけてきた。近刊は『理化学研究所 100年目の巨大研究機関』『スーパー望遠鏡「アルマ」の創造者たち』。「山根一眞の科学者を訪ねて三千里」(講談社)を連載中。理化学研究所名誉相談役、JAXA客員、福井県交流文化顧問、獨協大学非常勤講師、日本文藝家協会会員。

関連ニュース