記事詳細

【不肖・宮嶋 コラコラ記】コロナ禍の旭川市へ自衛隊派遣 一度は却下した市長がやっとこさ上げた重いケツ、国会のセンセイ方は何やっとんの? (1/2ページ)

 えっ? 北海道旭川市に自衛隊派遣やて? しかも、豪雪被災なんかやのうて、新型コロナ禍で足らんようになった看護師派遣せえ、やて? 旭川市って病院でクラスター発生して院長が即座に自衛隊に派遣要請するように旭川市に駆け込んだのに、西川とかいう市長が道知事への要請を却下しよったんちゃうの?

 聞けばこの市長、赤じゅうたん踏もうとしたものの、いかんせんゼニはあっても人望なし。あの小沢センセイや当時の民主党にまで取り入って、やっと旭川市長になれて、早や4期目や。

 自衛隊に借り作るぐらいやったら、よっぽど、コロナ禍の方が気ぃラクやったんやろ? まぁこのまま手をこまねいとったら5期目はない、とやっとこさ自衛隊に下げたくもない頭を下げ、いろいろ労働組合への言い訳も考えて重いケツ上げたっちゅうとこやろな。

 いやいや、これだけコロナ禍に陥っても、いまだ市民、県民の健康と生命は2の次3の次、反日イデオロギー大事とばかりに、首長のイスにしがみつく政治屋どもの何と多いことかいな。

 国会のセンセイ方も何やっとんの? 緊急事態宣言からコロナ第3波まで、指くわえて見とるだけか。政権与党のセンセイ方もやで。唯一のクリーンヒットっちゅうたら、河野太郎前防衛相が自衛隊の医官に特別ボーナス支給したくらいや。

関連ニュース