記事詳細

コロナワクチン確保戦争 韓国出遅れで「敗戦濃厚」、開発情報を狙うサイバー攻撃も (1/2ページ)

 コロナ禍を止める切り札として期待されているのがワクチンだ。英国では接種が始まり、日本も早ければ来年3月にも接種開始が見込まれる。各国がワクチン確保を急ぐなか、韓国のようにワクチン確保で出遅れた国も。開発情報を狙うサイバー攻撃も激化するなどワクチン戦争状態だ。

 米食品医薬品局(FDA)の諮問委員会は10日、米ファイザーなどが開発したワクチンの緊急使用を許可することは適切だとの意見を勧告、米国でも近く接種が始まる見通しとなった。

 米デューク大の調査によると、各国の確保数はインドが最多の16億回分。欧州連合(EU、15億8500万回分)、米国(10億1000万回分)と続く。

 日本は2億9000万回分(1億4500万人分)を確保した。米モデルナとの間で、来年上半期に4000万回分、同第3四半期までに1000万回分を供給する契約を正式に締結。ファイザーと英アストラゼネカとはそれぞれ1億2000万回分の供給契約で合意した。

 東北大学災害科学国際研究所の児玉栄一教授(災害感染症学)は、「3社のワクチンはあわせて5万人以上に投与され、重篤な副反応もいまだ確認されていない。特に日本は欧米での投与を経てから供給される点で優遇された立場にある」と語る。

関連ニュース