記事詳細

北朝鮮軍で4000人死亡…金正恩の「コロナ対策」崩壊か (1/2ページ)

 韓国統一省によると、北朝鮮は世界保健機関(WHO)に対し、11月25日までに約1万6900人が新型コロナの検査を受け、このうち約5千人が最近1カ月の間に受けたと報告した。隔離されている人は706人で、これまでの隔離者の総数は計3万2843人に達するが、北朝鮮は感染者を「ゼロ」と主張し続けている。

 しかし、この数字は実態とは大きくかけ離れているようだ。

 デイリーNKの朝鮮人民軍(北朝鮮軍)内部の高位情報筋によると、今年に入ってから11月末までの累計で、軍における隔離施設への収容者は陸軍4万3000人、海軍6200人、空軍5420人の計5万4620人に達した。

 また別の情報筋は、先月1日の時点で隔離施設への民間人の収容者が累計で8万1000人に達したと伝えた。これらの2つの数字を単純に合算すると、北朝鮮で隔離された人は少なくとも13万5000人を数えることになる。総人口2500万人の0.54%に達する。

 一方で軍の隔離施設における死者の累計は、陸軍2800人、海軍920人、空軍460人の計4180人で、隔離された軍関係者の7.65%が死亡した計算になる。

 もっとも、隔離された人、亡くなった人すべてがコロナによるものとは断定できない。当局は発熱、呼吸困難など新型コロナウイルス感染症に似た症状を示した人は、片っ端から施設に収容している。

 また、軍では栄養失調が慢性化しているのに加え、衛生状態も劣悪で様々な伝染病が発生しており、それらが原因で死亡するケースも少なくないからだ。

デイリーNKジャパン

関連ニュース