記事詳細

PCR検査規模拡大で忍び寄る「偽陰性クラスター」 検査時の一瞬だけ…実際は「陽性」 元厚労省・木村盛世氏「やみくもに広げることに疑問」 (1/2ページ)

 コロナ禍で医療現場が逼迫(ひっぱく)するなかで、恐れていた事態が起きた。PCR検査で実際には陽性なのに陰性の結果が出る「偽陰性」によるクラスター(感染者集団)が発生したのだ。低価格の民間検査を含めてPCRの件数が増えてきたが、偽陰性がかえって感染を広げかねない。専門家は「やみくもに検査を拡大することは疑問だ」と警告する。

 「偽陰性クラスター」が発生したのは、新型コロナ感染者を受け入れている大阪急性期・総合医療センター(大阪市住吉区)。病院によると、一般患者の専用区画で11月下旬まで6日間入院した70代の男性患者が、退院後の外来受診で症状を訴え、12月3日に陽性と判明。同室だった患者ら11人、主治医ら医療関係者9人の感染が相次いで確認された。

 感染した患者は全員、入院した際のPCR検査で陰性だったが、「偽陰性」が含まれていた可能性がある。同病院では面会や外泊は原則禁止で、換気や消毒、マスク着用などの対策もしていたというが、感染初期などは、こうしたリスクを排除できないようだ。

 東北大災害科学国際研究所の児玉栄一教授(災害感染症学)は、「通常、感染者と接触した人物が発症に至るまで平均で5・7日の時間を要する。つまり、接触から5、6日経過していないと本来は陽性でも陰性と判定されてしまう」と指摘する。

 東京医療保健大の菅原えりさ教授(感染制御学)は「仮に検査結果が陰性でも、あくまで検査した瞬間は陰性というだけであり、1週間後には感染しているかもしれないという自覚を持つことが重要だ」と強調した。

関連ニュース