記事詳細

【日本を守る】日本が米新政権でまごつくのは「半独立国」だから 一日も早く「憲法改正」という解毒剤の服用を (1/2ページ)

 日本は、米国のジョー・バイデン新政権が日本にとって吉となるか、凶となるか、浮き足立っている。

 だが、英国やフランスは、それぞれ日本のGDP(国内総生産、経済規模)の半分しかないが、核ミサイルを持っているから、米国の新政権がどうなるか、日本のように気もそぞろになって、狼狽(うろた)えることがない。

 年が明けて4月になると、日本がサンフランシスコ講和条約によって独立を回復してから、68年がたつ。

 68年! 半世紀以上になるのに、この間、米国が占領下で日本に強要した現行憲法を改めることができなかった。現行憲法は日本が再び米国に刃向かわないように、日本を国家でなくするために定めたものだ。米国が新憲法制定という「毒」を、無抵抗の日本に飲むことを強いたのだった。

 米国は、日本国憲法を、広島、長崎に原爆を投下した、わずか1年3カ月後の昭和21(1946)年11月に公布させた。占領下の国の基本法を変えることを禁じた国際法に違反する、原爆投下に匹敵する蛮行だった。

 多くの日本国民が、米国製の憲法によって、日本が独立国から平和国家になったという幻想を受け入れた。

関連ニュース