記事詳細

【富坂聰 真・人民日報】新型コロナ、武漢から1年 教訓は「隠蔽」か「抑制」か 感染対策のコントロールタワーはどこで誰が… (2/2ページ)

 これが1年の成果だろうか。

 感染を押さえ込むに際して最も有効だったと誰もが口をそろえるボランティアへの言及もなければ、「4早」(早期発見・早期隔離・早期診断・早期治療)対策の中身、または医療物資の不足をどうやって克服したのか、火神山・雷神山病院はどうしてあれほど短期間に建てられたのか、健康コードは誰が開発し、どうやって全国区で使われるようになったのか、感染対策における法整備はどうだったのか、感染対策のコントロールタワーはどこで誰なのか…。

 中国では反政府活動をしている人にマイクを向ければ誰でも西側メディアが大好きな中国の欠点を話してくれる。それをもって仕事をしたと勘違いするのは少し違うのではないか。

 ■富坂聰(とみさか・さとし) 拓殖大学海外事情研究所教授。1964年生まれ。北京大学中文系に留学したのち、週刊誌記者などを経てジャーナリストとして活動。中国の政・官・財界に豊富な人脈を持つ。『中国人民解放軍の内幕』(文春新書)など著書多数。近著に『中国は腹の底で日本をどう思っているのか』(PHP新書)。

関連ニュース