記事詳細

「GoToトラベル」停止しても批判 矜持なき野党とメディア「遅すぎる」「観光業に打撃」大騒ぎ 隙見せる菅政権にも問題 (1/2ページ)

 「GoToトラベル」をめぐっては、「止めないと医療崩壊する」と声高に叫んでいたニュース番組やワイドショーなどが、いざ停止が決まると「観光業界に大打撃だ」と騒ぎ始めた。

 GoTo停止が決まる前は、感染拡大で「病床が逼迫(ひっぱく)している」という論調が中心で、GoTo停止を判断できない政府に批判的だった。

 ところが、政府がGoTo停止を決めると、旅館やホテル、旅行代理店の悲鳴ばかりを強調した。旅行関連業界への打撃が大きくなることは誰にでも予想できたが、停止が決まった後になって同情してみせた。

 ネット上では、「暴力をふるった後にやさしくするDV(家庭内暴力)のようだ」と皮肉る声もあった。

 野党は衆参両院の内閣委員会で16、17両日に行われる閉会中審査で、政府の判断は「遅すぎた」と追及する構えだ。

 立憲民主党の枝野幸男代表は15日の党会合で、「後手に回った。勝負の3週間に何の手も打てず、こうした事態を招いた」と批判。「結果的にGoToが観光、飲食業により大きな打撃を与えた。失策への補償措置を打ち出すことを求めたい」とも訴えた。

 共産党の志位和夫委員長は記者会見で「なぜ28日まで待つのか。感染の拡大が続いている。直ちに中止を決断して実行すべきだ」と主張した。

関連ニュース