記事詳細

秋法相が辞意表明も…文政権不正疑惑、幕引きは困難 検事総長は法的手段検討

 韓国大統領府は16日、秋美愛(チュ・ミエ)法相が文在寅大統領に辞意を表明したと明らかにした。法務省の懲戒委員会は、文政権の疑惑捜査を進める尹錫悦(ユン・ソンヨル)検事総長を停職2カ月とする処分を決定。文政権は事態の幕引きを図るが、問題は尾を引きそうだ。

 尹検事総長側は懲戒委の手続き自体が「不当だ」と反発し、処分の執行停止を申し立てるなどして対抗する見通し。「検事総長を追い出すための違法で不当な措置だ」と批判し、法的手段に出る考えを示した。

 尹検事総長が進めてきた文政権が絡む疑惑の捜査は停滞を余儀なくされ。今後、政権絡みの捜査は原則、新たな機関が担うことになる。野党やメディアは、政権の疑惑捜査を骨抜きにする狙いだと批判を強めている。

関連ニュース