記事詳細

自民、安倍前首相の国会説明調整へ 「桜を見る会」の費用補填問題で

 安倍晋三前首相の後援会が「桜を見る会」前日に主催した前夜祭をめぐり、安倍氏側がホテルに支払う費用の不足分を補填(ほてん)しながら政治資金収支報告書に記載しなかった問題で、自民党は17日、東京地検特捜部による捜査が終結した後、国会で安倍氏が説明する場を設ける方向で調整に入った。自民党幹部は「説明する場は必要だ」と述べた。

 特捜部は、年内にも政治資金規正法違反容疑で後援会代表の公設第1秘書を立件する見通し。安倍氏は首相時代、国会で補填を否定する答弁をしており、結果的に「虚偽答弁」となったことを踏まえ、陳謝するとみられる。

関連ニュース