記事詳細

「スパイにやられた」北朝鮮で鉄道事故、軍人ら600人死傷 (1/3ページ)

 北朝鮮北部の慈江道(チャガンド)で、多くの軍関係者を乗せた列車が脱線する事故を起こし、多数の死傷者が出ていると、現地のデイリーNK内部情報筋が伝えた。

 事故が起きたのは先月15日。慈江道を走る満浦(マンポ)線の煕川(ヒチョン)と富成(プソン)の間だ。外国人観光客も多く訪れる妙香山(ミョヒャンサン)から至近距離にある。

 列車は、清川江(チョンチョンガン)沿いに走る箇所で脱線した。具体的な事故の発生経緯について情報筋は触れていないが、600人もの死傷者が発生する大惨事となった。

 (参考記事:また死亡事故発生、北朝鮮「血塗られた大型事故」の歴史

 中でも、今月1日から始まった朝鮮人民軍(北朝鮮軍)の冬季訓練に向けて部隊に復帰、または指示された訓練場所に移動する兵士や、その指導にあたる軍官(将校)、軍事郵便を輸送する機通手が多く乗っていた5号車に被害が集中、軍関係者だけで死者140人。負傷者230人を出した。死傷者の中には、慈江道地区司令部技術部の司令官(大佐、56歳)、李齊順(リ・ジェスン)軍官学校の政治部長(上佐、55歳)も含まれている。

 調査に当たっている国家保衛省は、「南朝鮮(韓国)のスパイの仕業」だと主張しているという。

 しかし、北朝鮮ではどの鉄道も老朽化と整備不良、そして「速度戦」と呼ばれる工期短縮に偏った工法などにより、劣悪な状態にある。過去には数百から数千人単位の死傷者を出す事故が繰り返し起きている。

デイリーNKジャパン

関連ニュース