記事詳細

新型コロナ、本当に効く治療薬は? 「レムデシビル」「デキサメタゾン」「アビガン」 識者「効くという報告も、その逆もある。具体的な特効薬はない」 (1/2ページ)

 国内で新型コロナウイルス感染症による累計死者数が3000人を突破し、重症者数も高止まりし、医療の逼迫(ひっぱく)が指摘されるなか、最前線ではどのような治療が行われているのか。臨床の現場では、厚生労働省の専門部会が承認を見送った「アビガン」についても、効果を実感する声も聞かれた。

 死者数が増えている背景として、重症化しやすい高齢者の感染増加が考えられる。厚労省が10月時点でまとめた年代別の重症化率は、30代を1とすると60代は25倍、70代は47倍、80代は71倍と急激に増えている。

 国内でワクチンの接種が始まるのは早くても来年2月からだ。現状では重症化を抑える処置としては、治療薬への期待が大きい。

 厚労省が11月時点で使用を許可している治療薬は、エボラ出血熱の治療薬として開発された「レムデシビル」が特例承認されたほか、重症感染症や間質性肺炎のためのステロイド「デキサメタゾン」などがある。

 具体的にはどのように使うのか。感染症に詳しい浜松医療センターの矢野邦夫院長補佐は、「ほとんどの人はかぜ症状なので対症療法になる。高齢者などリスクのある人ではウイルスの増殖を防ぐためにアビガンを、そして、炎症を抑えるためにデキサメタゾンを使う。サイトカインストーム(ウイルスを攻撃する抗体が暴走し、体内の細胞を攻撃する)が起こる前に早めに使用している。デキサメタゾンは血糖値が上がったり、寝られなくなるなど課題もあるが効果はある」と語る。

関連ニュース