記事詳細

エベレスト標高論争決着 中国の従来主張より4.43m高かった (1/2ページ)

 世界最高峰のエベレストの標高について、ネパールと中国が共同で計測した結果、中国がこれまで主張してきた標高より4.43mも高かったことが判明し、中国の計測技術に疑問が持たれている。

 中国は2005年、中国独自の地球を周回する衛星を使った全地球測位システム(GPS)などで計測したとして「エベレストの標高は8844.43m」と発表、「ネパール側が主張する8848mは間違っている」と指摘した。ネパール政府に「間違えを認めるべきだ」などと圧力をかけていたが、ふたを開けてみれば、中国側の計測の間違いが際立つ結果となった。

 中国国営新華社電は「エベレストは地殻変動で毎年数センチずつ隆起するなど、成長し続けている」などとの専門家の談話を伝えるなど、自らの誤りを棚に上げて、“釈明”に追われている。

 ネパールがこれまで主張していた「標高8848m」は1954年のインド当局による測定結果だった。

 一方、中国はGPS計測などの結果から、山頂の氷雪部分を除いた8844.86mを中国の公式の標高と認定。ネパール側は「山頂の氷雪部分も標高に含めるべき」などと両国間で論争が起きていた。

NEWSポストセブン

関連ニュース