記事詳細

【回顧2020】安倍前首相「外交」「憲法改正」で高評価 菅首相は抵抗はねのけ結果を (1/2ページ)

 『歴代総理の通信簿』(PHP文庫)という本をかつて書いたが、第1次内閣での安倍晋三首相には、かなり厳しい点数をつけた。小泉純一郎政権の官房長官から昇格したのち、必要な方向修正が不十分だったし、参院選で敗北して「ねじれ国会」にしてしまったからだ。

 しかし、2012年の再登板後の安倍首相には、最高クラスの評価をしたい。外交では、世界最高のリーダーとして尊敬された。米国のバラク・オバマ前大統領と、ドナルド・トランプ大統領と良い関係を築けたのは、世界で安倍前首相だけだ。南北朝鮮とだけは良くなかったが、強硬姿勢を貫くことが将来のためになる異常な政権だから仕方ない。

 憲法改正も、現実的なアプローチでかなり前進したと思う。スキャンダルは「モリカケ桜」という些事しか追及する材料がなかったことが重要だ。経済は改善したが、アベノミクスの「第3の矢」である産業の競争力向上がやや物足りなかった。

 どこが課題だったのかについて、政権幹部の一人に質問したら、「人が良いので抵抗勢力に少し甘かった」と言っていたが、その通りだと思う。

 そして、それは菅義偉氏が後継首相になったことに積極的な意味を与える。菅首相は外交が得意分野とは思えない。堅実なチームプレーで大過なくこなすことになろう。

 大きな国家ビジョンを示してもいない。首相になるつもりがなかったがゆえに、準備ができてなかったと思われる。早く、首相にふさわしいブレーン集団に刷新して、方向性を見つけることを期待したい。

関連ニュース