記事詳細

【有本香の以読制毒】屈辱の外交文書 中国共産党政権の強大化許した“媚中外交” 天安門事件に宇野・海部氏“弱腰”、「失敗」として国民的記憶に刻め (1/4ページ)

 日本の「媚中外交」が、中国共産党政権の強大化を許した歴史的事実が明らかになった。外務省は23日、1987年から89年までの外交文書26冊(約1万600ページ)を一般公開した。この中に、中国当局が民主化を求める学生らを武力鎮圧した「天安門事件」(89年6月4日)に関する文書があり、欧米諸国が対中制裁にかじを切るなか、日本政府は事件当日、「長期的、大局的観点から得策でない」として反対する方針を明記した文書を作成していたのだ。その後、対中融和路線を取り続けた。ジャーナリストの有本香氏は人気連載「以読制毒」で、日本外交の失敗が、中国の軍事的覇権強化につながった黒歴史に迫った。「親中派」の影響力が指摘される菅義偉政権への強烈な教訓といえそうだ。

 やっぱりか-。23日に公開された外交文書から、31年前の「真相」を知っての感想だ。文書では、89年6月、中国北京市で起きた「六四天安門事件」直後の日本政府、宇野宗佑内閣の対応ぶりが明らかにされている。31年も前のことだが、当時のことははっきり記憶している。

 少しばかり私ごとを書かせていただく。89年当時、旅行雑誌の編集者だった私は、世界中を取材する日々を送っていたが、中国へ赴くことには積極的でなかった。この頃の中国旅行は、相当前からビザ(査証)を申請取得する必要があり、到着後の自由旅行は許されていなかった。

関連ニュース