記事詳細

安倍前首相“虚偽”答弁陳謝へ 「桜前夜祭」費用補填問題、衆院議院運営委員会に出席

 安倍晋三前首相は25日午後、衆院議院運営委員会に出席する。「桜を見る会」前日に開かれた前夜祭の費用補填(ほてん)問題で、政治資金収支報告書に記載する必要はないとした在任中の答弁が、結果的に事実と異なる「虚偽」だったとして陳謝、訂正する見通しだ。首相経験者が答弁の誤りに関して国会で説明するのは極めて異例の対応となる。

 議運委は公開で、安倍氏は冒頭、これまでの答弁で事実に反する部分について説明。与野党による質疑を約1時間実施する。衆院の後、参院でも同様の形式で開く。

 自民党に続き、立憲民主党の黒岩宇洋、辻元清美両氏が質問。安倍氏側の関与の実態や費用補填の詳細をめぐり、事実関係や安倍氏の認識をただす構えだ。

関連ニュース