記事詳細

【くどうまおり 幸せおじさん製造所】大人が学べる性教育のユーチューブ シオリーヌさん 子供に教える前に現状を認識を (1/2ページ)

 今に始まったことではありませんが、「日本の性教育は遅れている」といわれることが、またちょっと増えてきました。

 「性」にまつわる話はどうしてもタブー視されがち。今も「教えられない」「話せない」という大人は多いのでは。

 自分の体を守るためにも、誰かを傷つけないためにも、自分の子供に性の知識を教えていくことは大切です。私自身、小学生の頃にマンションの下で男性からお尻を触られたことがありますが、当時は「なぜ大人が自分のお尻を触るのか?」「なぜ私は嫌な気持ちになるのか?」が理解できませんでした。

 私の知り合いにも、「小さい頃に友達の家に遊びに行ったら、友達のお父さんに胸を触られて嫌な思いをしたけれど、それが『悪いこと』だと思わなくて誰にも相談ができなかった」と話す人がいました。

 「臭いものにフタをする」って簡単ですよね。そうしたくなる気持ちもわからなくもありません。でも、知らないことの代償が「性」に関しては、とても大きいと思いませんか。

関連ニュース