記事詳細

東京、新たに856人感染 コロナ減少の兆しなく

 東京都は29日、新型コロナウイルスの感染者が新たに856人報告されたと明らかにした。火曜日としては最も多く、15日連続で曜日ごとの最多を更新した。直近7日間の平均は787・7人に上昇し、減少の兆しが見えない。 入院中の重症患者も前日から3人増え、84人となった。 新規感染者のうち重症化しやすい65歳以上は125人。累計は5万7896人となった。

 都は、感染状況と医療提供体制に関する警戒度の指標をいずれも4段階で最も高いレベルに位置づけ。「年末年始コロナ特別警報」として、不要不急の外出を自粛するよう求めている。