記事詳細

今年も苦難の文大統領 支持率過去最低、野党から「弾劾」の声も 「思惑がバレバレ」元大統領2人の恩赦で人気回復か (1/2ページ)

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領にとって2021年も苦難の年となりそうだ。支持率は過去最低を更新、検事総長への処分は覆され、野党からは「弾劾」の声も聞こえてくる。

 韓国の世論調査会社、リアルメーターが3日に発表した文大統領の支持率は34・1%、不支持率は61・7%だった。支持率は就任後最低で、不支持率が60%を超えるのも初めての事態だ。

 文政権は尹錫悦(ユン・ソクヨル)検事総長を停職2カ月の懲戒処分としたが、裁判所は執行停止を命じる決定を下し、尹氏は職務復帰した。元判事で野党「国民の力」の金起ヒョン(キム・ギヒョン)議員はフェイスブックに「(裁判所の判決は)文大統領に対する弾劾決定と言っても過言ではない」と投稿した。

 新型コロナウイルス対策をめぐっても、感染の再拡大やワクチン確保の遅れなど文政権の失策が目立つ。元野党議員は文政権のコロナ対応について「(沈没した旅客船)セウォル号の船長と何が違うのか」と批判した。

 文大統領も韓国の歴代大統領と同じ道をたどるのか。龍谷大の李相哲教授は「国会で野党の議席は3分の1ほどであるため、文氏を弾劾するというのは現実的ではない」との見方を示す。

関連ニュース