記事詳細

【不肖・宮嶋 コラコラ記】新年カウントダウンのアホ集団取り締まれんか! 政治家センセイ方もドンチャン騒ぎ…緊急事態宣言もう1回出さなアカンようになるハズや (1/2ページ)

 こんな、めでとうない正月、初めてやで。新春早々暗い話題ばっかに包まれて…わが国は、いやいや中国以外の世界の人々はとてもハッピーなニューイヤーを迎えることができんかったハズや。新型コロナウイルスの感染者は昨年の大みそかに、東京だけで1337人という千人の大台を突破して、とても、おとそ気分に浸れんわ。

 今年こそ人類はこのコロナ禍から脱し、夏には東京でガビーンと五輪を盛り上げなアカンと気合入れ直しとる直前の年末には、その旗振り役である橋本聖子五輪相自らが高級すし店借り切って、6人でブルジョア宴会、繰り広げとったんやから、アスリートは、いや世界中の代表選手も絶望するしかないか。

 週刊文春に直撃されても、へらへら笑うてごまかして、これがわが選良やと。そりゃあ、いくら政府や小池百合子東京都知事が「静かな年末年始」と訴えても説得力ゼロやで。

 律義に守ってくれとったんは初詣のときに、1年の大半の“シノギ”を上げる神社仏閣くらいや。あの西宮戎神社が「福男選び」を止めたり、日本一の初詣客を集める明治神宮も8割減のガラガラや。

 それでもアホは集まり、類は友を呼ぶ。東の渋谷に、西の道頓堀をはじめ全国の“アホスポット”には、昨年ほどやないにしても、ニューイヤー・カウントダウンとやらに、アホが集うたのである。

関連ニュース