記事詳細

中国一の富豪、アリババ経営者「行方不明」の闇 習政権批判のせいなのか 識者「目的はグループ解体」 (1/2ページ)

 中国電子商取引(EC)最大手、アリババグループ創業者で、中国一の富豪として知られる馬雲(ジャック・マー)氏(56)が「行方不明」だと欧米メディアが報じている。中国当局を批判するかのような発言をして以来、約2カ月にわたり公の場に姿を見せていないというのだが、何が起きているのか。

 ロイターは4日、馬氏が昨年10月下旬に上海で開かれた金融フォーラムに出席して以来、公の場に姿を現していないと報じた。フォーラムで馬氏は「優れたイノベーション(技術革新)は監督を恐れないが、古い方式による監督を恐れる」と発言、中国当局を批判したと受け止められた。

 11月にはアリババ傘下で電子決済サービス「支付宝(アリペイ)」を運営するアント・グループが上海と香港で予定していた新規株式公開(IPO)が直前に延期。12月には中国国家市場監督管理総局がアリババグループを独占禁止法違反の疑いで調査する方針を明らかにした。

 馬氏について欧米メディアは「行方不明」と積極的に報じるが、中国メディアは静観の姿勢だ。

 東アジア地域の経済を研究する愛知淑徳大ビジネス学部の真田幸光教授は、「中国はデジタル人民元を普及させ、ドルの駆逐を狙っており、アリババグループを利用したかったが、馬氏が難色を示したことが背景にあるのではないか」とみる。

関連ニュース