記事詳細

国会議員会食ルール、結局見送り 与党側「自覚を持って対応すればいい」

 衆参両院の議院運営委員会は7日の理事会で、緊急事態宣言下での国会議員の会食の在り方のルール作りについて、見送ることを決めた。自民党の森山裕、立憲民主党の安住淳両国対委員長が6日に会談した際、会食は「4人以下、午後8時まで」などとする方向でルール作りを調整していたが、会食の全面自粛を求める声が上がっていた。

 衆院議運委理事会では、野党側が「自粛の申し合わせなどをやるべきだ」と主張したが、与党側からは「国会議員として自覚を持って対応することでいいのではないか」との意見が出た。ルール作りの協議には至らず、高木毅委員長(自民)は記者団に今後の協議についても否定した。

 松井一郎大阪市長(日本維新の会代表)は7日、「当然のように自粛するという意識が全ての国会議員にないのか」と述べた。

関連ニュース