記事詳細

「シューマイ」を鹿沼市の名物に! 崎陽軒初代社長の出身地を縁に町おこし (1/2ページ)

 横浜市民のソウルフード「シューマイ」を、栃木県鹿沼市の名物に-。「シウマイ弁当」で有名な崎陽軒(横浜市)の初代社長、野並茂吉氏(1888~1965年)の生誕の地・鹿沼市で「シウマイのまち」づくりがじわりと動きだしている。

 野並氏は鹿沼市に生まれ、社長就任後、横浜名物を作ろうと南京街(現・中華街)を探索し、シューマイに行き着いた。野並氏が鹿沼なまりで「しーまい」と呼んだことから、崎陽軒では独自の表記をするようになったという。

 そんな事実に着目したのが鹿沼商工会議所の水越啓悟課長。没後半世紀がたつ野並氏の業績を残し、町おこしにつなげようと2020年春、接触を始めた。

 崎陽軒のホームページには「常に挑戦し『名物名所』を創りつづけます」との経営理念がある。対応した緑川美津雄常務は「地元で初代社長を大事にしていただけてありがたい」と歓迎ムード。20年秋、JR鹿沼駅前にシューマイをテーマにした像の設置計画などを盛り込んだ覚書を取り交わした。鹿沼市産の石材を使い、21年秋に設置する予定だ。

関連ニュース