記事詳細

民主主義“崩壊”の米国に迫る「分断と革命前夜」 “金権政治家”らに牛耳られる米議会…特権階級に大衆が反逆か 国際投資アナリスト・大原浩氏が緊急寄稿 (1/3ページ)

 ドナルド・トランプ米大統領(74)は「新政権が20日に発足する」と述べ、民主党のジョー・バイデン次期大統領(78)の勝利を事実上認めた。トランプ氏は5人の死者が出た連邦議会議事堂の占拠についても非難したが、国際投資アナリストの大原浩氏は緊急寄稿で、権力者・富裕層と大衆の分断は一段と深刻化し、「革命前夜」の様相だと指摘する。

 

 米連邦議会は6日午後、米大統領選の投票結果を認定するため上下両院合同会議を開いた。しかし、審議が始まって間もなく、群衆が議会内に侵入した。

 偏向メディアの報道では「トランプ支持者が武器を持って乱入」したという形で一方的に伝えられているが、いつものように彼らの話は「眉に唾をつけて」聞いた方がよいのではないか。

 今回の不正選挙問題では、ジョージア州で開票所の水道管が破裂したので、選挙関係者は出ていくようにと指示したなどの問題が多発していたとされる。

 そもそも、米国各地で商店の窓ガラスを割って侵入し商品を略奪したり、放火したりの狼藉を働いてきたのは、BLM(ブラック・ライブズ・マター=黒人の命は大切だ)運動に名を借りた極左組織に先導された勢力だったことも忘れてはならない。

関連ニュース