記事詳細

【ぴいぷる】伝説のキャバ嬢エンリケ 飾るのやめたらテッペン取れた “直瓶”やぶっちゃけトークで指名増「命削るぐらい努力すれば応援してくれる方も…あきらめない気持ちが一番」 (1/4ページ)

 ◆「ビジネス本」に営業マンが注目

 指名数は東海地区で8年連続ナンバー1、最高時給26万円、最高月収1億円、一昨年の引退式では4日で売り上げ5億円なり…。

 伝説に彩られた元キャバクラ嬢のビジネス本『結局、賢く生きるより素直なバカが成功する』(講談社)が、営業マンたちの間で話題だ。

 「『売り上げが伸びる方法が満載』って言ってくださる経営者の方も多くて、うれしかったです」

 例えば、LINEをメモとして活用するテクニック。初めての客と撮る写真には必ずドリンクを入れ、お礼のメッセージにも会話した内容を盛り込む。久しぶりにその人が来店した際、だれだか思い出せない場合でも「LINEが消えちゃったの。LINEして」と頼むと、その履歴から名前や飲んだドリンク、話した内容がわかる。

 「自分のことを覚えてもらえるとうれしいですよね。絶対『どなたでしたっけ』とは言いません」

 中学時代から日記を続け、キャバ嬢になってからも客の名前や指名人数、同伴人数、時給、月給などを記録していた。

 「ときどき過去のページを開いて、『あかんな』と反省したり、『よっしゃ』と思ったり。数字が書いてあるとヤル気も出ます。やっぱ右肩上がりの方がいいですよね」

関連ニュース