記事詳細

カプコン個人情報流出、約1万6400人に サイバー攻撃による不正アクセス受け

 ゲーム大手のカプコン(大阪市)は12日、昨年受けたサイバー攻撃で取引先や社員など約1万6400人分の個人情報の流出を確認したと発表した。これまで9人としていたが調査を進めた結果、急増した。流出した可能性がある個人情報は最大約39万人と、前回判明分より4万人増えた。うち約18万3000人は採用応募者だった。流出による被害は現時点で確認されていないという。

 新たに流出を確認した個人情報は氏名、住所、電話番号、メールアドレスのほか社員や退職者の人事情報など。決済を外部委託しているため、顧客のクレジットカード情報は流出していないとしている。採用応募者には不採用者も含まれる。

 カプコンは昨年11月、「RAGNAR LOCKER(ラグナ ロッカー)」と名乗り、機密情報を盗んで金銭を要求するサイバー犯罪集団から不正アクセスを受け、社内システムの接続障害が発生した。