記事詳細

【海外こぼれ話】コロナ禍で公務員の休暇増やす 南米ボリビア政府が観光業支援策

 南米ボリビア政府が新型コロナで打撃を受けた観光業を支援するため、国内旅行に出掛ける公務員には休暇を通常よりも2~3割増やす政策を打ち出した。地元メディアなどが伝えた。

 ボリビアの人口約1100万人超のうち45万人以上が公務員。通常は勤続年数に応じ、毎年2~4週間の休暇が付与されている。国内にはウユニ塩湖など人気の観光地が多く、この政策は約1年間続けられる。(共同)

関連ニュース