記事詳細

韓国・文政権、報奨金目当ての“コパラッチ”急増で批判の嵐 識者「韓国では監視し合うことが『気遣い』。密告社会をより強くさせている」 (1/2ページ)

 新型コロナウイルスの蔓延(まんえん)に伴い、日本では「自粛警察」が社会問題化したが、韓国では防疫ルールの違反者を通報し、通報者に褒賞金が支払われる監視・密告の仕組みが批判を浴びた。報奨金目当ての造語「コパラッチ」(コロナとパパラッチを合わせた造語)が急増したことで、文在寅(ムン・ジェイン)政権は制度の見直しを迫られた。

 韓国政府が防疫ルール違反者を通報する制度を導入したのは昨年7月。マスクを着用しないなどの違反を発見した場合、専用のホームページやアプリを通じて通報することができる。行政安全部は昨年、優秀通報者として15人に行政部長官表彰を与え、100人に商品券10万ウォン(約9500円)を進呈したという。朝鮮日報が伝えた。

 ただ、報奨金を狙って通報を繰り返すケースや、誤認通報、過剰な監視が問題となった。

 さらに先月24日から「特別防疫期間」と定め、飲食店では5人以上の予約を受け付けず、5人以上が同時に入店できないようにした。違反すると店側は300万ウォン(約28万円)以下、利用客側は10万ウォン以下の過料が科されるという防疫強化策を実施したのだが、これがコパラッチを増幅させ、先月の通報件数も3万1400件にまで達した。

関連ニュース