記事詳細

【大前研一 大前研一のニュース時評】不安だらけの世界10大リスク、第1位は「第46代」 バイデン氏が大統領選勝利も半数近くはトランプ氏支持、深刻な社会分断 (1/3ページ)

 米国の調査会社「ユーラシア・グループ」が2021年の「世界の10大リスク」を発表した。国際政治学者、イアン・ブレマー氏が率いる同社は、1998年に発足した世界最大の政治リスク専門コンサルティング会社。毎年、年頭にその年の政治や経済に大きな影響を与えそうな事象を予想している。

 今年のリスクの第1位は米国のジョー・バイデン次期大統領を意味する「第46代」を挙げた。約7400万人という米国史上で2番目の得票を獲得したドナルド・トランプ大統領が大統領選挙の敗北を認めず、米国民の半数近くがバイデン氏の大統領就任の正当性を受け入れていない社会分断は深刻だと指摘している。

 トランプ氏やその支持者に攻撃され続けることで、「不法に選ばれた大統領」と見なされて政権基盤は弱まり、バイデン氏は内政や外交面で期待するほどのリーダーシップを発揮できないというわけ。

 上院議員2議席を争った南部ジョージア州の選挙で民主党は2勝して、大統領選の勝利と上下両院で多数派を確保する「トリプルブルー」となり、バイデン政権にとって追い風だった。それでもトランプ氏はひるまない。

 米連邦議会議事堂への暴徒の乱入を扇動したとして、解任に向けた準備や大統領の弾劾訴追が決まっても、トランプ支持者の中に「あんな奴に投票して間違った」と思っている人が意外に少ない。トランプ氏がここまで異常な行動に走るのは、7400万票を獲得した自信があるからだ。

関連ニュース