記事詳細

【歳川隆雄 永田町・霞が関インサイド】バイデン次期米政権、アジア政策統括に“親日派・知日派”キャンベル氏 早い段階から中国の動き封じる戦略を提唱 (1/2ページ)

 ジョー・バイデン次期米大統領の政権移行チームは13日、米国家安全保障会議(NSC)に新たに設置するインド太平洋調整官(兼大統領副補佐官)に、カート・キャンベル元国務次官補(東アジア・太平洋担当)を起用すると発表した。

 カート・キャンベル氏(64)。カリフォルニア大学(サンディエゴ校)卒業後、英オックスフォード大学で博士号(国際関係論)を取得。その後、米海軍作戦部長特別諜報部隊を経て、ハーバード大学ケネディスクール准教授などを歴任し、クリントン民主党政権の国防次官補代理(アジア太平洋担当)、2009年6月にオバマ政権の国務次官補に就任。

 その間、07年1月にはバイデン政権の国防長官候補に挙げられたミシェル・フロノイ元国防次官補とともに、シンクタンク「新アメリカ安全保障センター(CNAS)」を設立、さらにコンサルタント会社「アジア・グループ」をシンガポールに立ち上げるなど、その旺盛な「ビジネス・マインド」も注目された。夫人は、同じオバマ政権のラエル・ブレイナード元財務次官(国際担当)。

 わが国の報道では、アジア政策を統括するインド太平洋調整官にキャンベル氏を起用するのはバイデン次期政権が日米同盟を含むアジア政策を重視する証しとの論調が過半である。

関連ニュース