記事詳細

WHO調査団巡り米中対立 執行理事会、米が必要なデータを要求も「政治的な圧力」と反発 (2/2ページ)

 中国は、国際調査団による本格調査を渋り続けてきたが、調査団入国後も反発しているようだ。

 執行理事会とは別に、WHOの新型コロナ対応を検証する独立委員会は18日、中間報告を公表し、「中国の地方や国の保健当局は(昨年)1月に公衆衛生対策をより強力に実施できたはずであることは明白だ」と中国の初動対応を批判した。

 また、WHOが緊急委員会を昨年1月22日まで招集せず、「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」の宣言も同月30日まで先送りしたことも疑問視した。

関連ニュース