記事詳細

【山口那津男 本音でズバッと】緊張感に満ちた通常国会召集 「新型コロナ特措法」改正を先行させたい (1/2ページ)

 第204回通常国会が18日、召集された。会期は6月16日までの150日間。菅義偉首相の施政方針演説など政府4演説が行われた。新型コロナウイルスによる緊急事態宣言下での召集は、緊張感に満ちた異例のスタートとなった。

 20日から、代表質問が始まり、本格的な論戦が開始される。菅首相の施政方針演説は、新型コロナ対策など当面の緊急課題をはじめ、中長期にわたるテーマを含め、幅広く具体的な課題に及んでいる。ストレートで実践的なのが特徴だ。

 私も22日に参院で質問に立つ。まずは、緊急事態宣言下、医療体制を強化し、事業の継続、雇用の維持、生活の支援など対策の周知・徹底を図るため、2020年度第3次補正予算の早期成立を図りたい。

 例年なら、続いて来年度予算の審議を進めるところだが、緊急事態宣言の期間が2月7日までとなっていることから、それまでと、その後の対策の実効性を確保するために「新型コロナ対策特措法」の改正を先行させる必要がある。ワクチン接種が行き渡るまで、対策のテコとなる。

 特措法改正は、すでに一部野党が改正案を出した経緯もあるので、3回行った与野党協議の議論も生かしながら野党の協力を得て、スピーディーに成立させたい。

 緊急事態宣言の発令から10日間が経過したが、目に見える感染抑止効果は表れていない。年末年始から大都市を中心に感染が急拡大し、国民は不安を募らせている。

関連ニュース