記事詳細

約40万台の電動自転車が空き地に放置 ユーザーから“借金”も 中国シェアサイクルのトンデモ事情 (1/4ページ)

 中国の都市では2020年以降、街の風景が目に見えて変化した。新型コロナウイルス感染拡大に伴って自転車での移動ニーズが増したことで、電動自転車のシェアリングサービス(以下、シェア電動サイクル)が急拡大。中国ではもともと、どこで乗り降りしてもいい非電動のシェアサイクルが盛んだったこともあり、今では電動自転車が数多く街を走っている。地面にペンキで線を引いた駐輪エリアも設けられ、車両が多数停められている。

 利用方法は提供元の企業によって異なるが、基本的には駐輪場で車両を選び、スマートフォンアプリで手続きするだけ。電動・非電動を問わず、公式アプリか微信(WeChat)内のミニアプリで自転車のQRコードをスキャンすれば利用できる。降車する時はロックをかければ終了だ。決済方法は、中国人や外国人在住者であれば、銀行口座とひもづいた支付宝(Alipay)や微信支付(WeChatPay)から利用料を引き落とせる。外国人渡航者であれば、WeChatのアカウントにクレジットカードをひもづけるのが一つの手だ。長々と書いたが、百聞は一見に如かず。機会があれば乗ってみてほしい。

 ◆約40万台の電動自転車が空き地に放置

 中国の調査会社iResearchによれば、19年に中国全土で100万台あったシェア電動サイクルは、20年に250万台まで増えたという。シェア電動サイクルの急速な広がりは利便性を高めた一方、マイナスの意味でも街の風景を変えており、中国で問題になっている。と言うのも、車両が増えすぎた影響で管理がずさんになり、中国湖南省の省都・長沙では、約40万台が計19万平方メートル(東京ドーム4個分)の空き地に放置されているという。

 19万平方メートルという数字は1か所の広さではなく、43カ所の空き地の面積を合計した数値だというが、膨大な車両が大量に放置されていることに変わりはない。その様子は中国メディアも報じており、空き地にぎっしりと自転車が並んでいる映像は圧巻だ。

ITmedia News

関連ニュース