記事詳細

「海水でコロナに感染する?」金正恩の出漁禁止命令で食糧難が加重 (2/3ページ)

 また、ニシンはほとんど見かけず、あっても1キロ3万3000北朝鮮ウォン(約400円)、スケソウダラは4万5000北朝鮮ウォン(約540円)で、いずれも市場が開設されて以降最高値を記録した。当然、多くの市民には手の出せない高嶺の花となってしまった。

 昨年末、ハタハタが豊漁となり、東海岸の清津(チョンジン)や咸興(ハムン)市場では、例年の半分以下の価格で売られ、食糧難に苦しむ庶民が飛びついていると伝えた。

 (参考記事:北朝鮮沿岸でハタハタ大漁…食糧難の救世主になるか

 ところが、「当局がコロナ防疫を最高非常段階に引き上げ、漁船の出漁を統制」(情報筋)するようになり、各地の水産事業所は、出漁禁止措置で漁に出られずにいるようだ。

 (参考記事:北朝鮮が「超特級非常防疫措置」発動…移動制限は50日間

 韓国の国家情報院は昨年11月、韓国国会情報委員会での報告で、金正恩氏が海水からのコロナ感染を恐れて、海での漁と塩の生産を禁じたと明らかにしているが、これが、魚類の価格高騰、品薄を招いていると思われる。

 (参考記事:「常識を失っている」金正恩“過剰激怒”で処刑を乱発…韓国情報機関

デイリーNKジャパン

関連ニュース