記事詳細

韓国・文政権は北朝鮮の「圧力」に屈したのか 「従北・忖度」人事連発の異常 識者「人事権どころか、国家まで渡しかねない」 (1/2ページ)

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は20日、康京和(カン・ギョンファ)外相を突然交代させた。背景に、金正恩(キム・ジョンウン)総書記率いる北朝鮮の「圧力」を指摘する声がある。文氏はこれまでも「従北人事」を繰り返してきたとされるが、韓国国民は納得するのか。

 「康京和外相更迭…『金与正(キム・ヨジョン)のデスノート』にやられたか」

 朝鮮日報(日本語版)は21日、こんな見出しの記事を掲載した。

 康氏は昨年12月の国際会議で、北朝鮮が「新型コロナウイルスの感染者はゼロ」と主張していることを、「信じがたい」と語った。

 これに正恩氏の妹、与正・党中央委員会副部長は「(康氏は)北南関係に冷気を吹き込ませたくて躍起なのだ」「いつまでも忘れない」と激怒した。朝鮮日報は、これが人事に影響を与えたとの見方を伝えていた。

 こうした、「北朝鮮への忖度(そんたく)」をうかがわせる人事は他にもある。

 与正氏が昨年6月、南北融和の象徴だった開城(ケソン)の南北共同連絡事務所を爆破した際は、韓国の金錬鉄(キム・ヨンチョル)統一相が「南北関係を悪化させた責任を取る」と辞意表明を迫られた。

関連ニュース