記事詳細

慰安婦判決「韓国は国際法に反する状態を是正すべき。毅然と対応する」 加藤官房長官、日韓法律家と面会

 加藤勝信官房長官は26日、元慰安婦への賠償を日本政府に命じた韓国・ソウル中央地裁の異常判決について、「韓国は国際法に反する状態を是正すべきだ。あらゆる選択肢を念頭に毅然(きぜん)と対応したい」と強調した。高池勝彦弁護士や、西岡力・麗澤大客員教授ら日韓の法律家と知識人によるグループとの面会で述べた。

 同グループは、韓国の判決に抗議する共同声明を加藤氏に手渡した。

 声明文は「判決は前提とする歴史認識が誤っており、国際法の原則にも反している」と指摘。「日本政府は慰安婦問題に関して事実に即した国際広報を強化すべきだ」と求めた。

 加藤氏は、判決について「政府としても大変、重く受け止めている。内閣で共有していきたい」と応じた。

関連ニュース