記事詳細

慶大生が給付金詐欺か 名将・鶴岡一人氏の孫、松江の男子大学生に申請指南し逮捕

 新型コロナウイルス対策として国が支給する持続化給付金をだまし取ったとして、島根県警松江署は詐欺容疑で慶応大生、鶴岡嵩大(たかひろ)容疑者(22)を逮捕した。慶応大によると4年生で、野球部で捕手として活動していた。

 逮捕容疑は、共通の知人を介して知り合った松江市の男子大学生=詐欺容疑で書類送検=と共謀し昨年7月、大学生が受給対象ではないにもかかわらず、給付金を申請するよう指南。中小企業庁から給付金100万円を大学生の口座に振り込ませて詐取した疑い。容疑を認めているという。

 鶴岡容疑者はこのうち数十万円を自身の口座に振り込ませた可能性がある。申請した大学生が「不正受給に関わったかもしれない」と署に相談、鶴岡容疑者が関与した疑いが浮上した。同容疑者は、南海ホークスの黄金時代を築いた名監督、鶴岡一人氏の孫。

関連ニュース