記事詳細

菅首相がダボス会議で演説 東京五輪「世界の団結の象徴に」

 菅義偉首相は29日、シンクタンク「世界経済フォーラム」(WEF)が主催するオンライン会合「ダボス・アジェンダ」で演説し、今夏に予定されている東京五輪・パラリンピックについて「世界の団結の象徴として、世界中に希望と勇気をお届けできる大会を実現する決意だ」と述べ、協力を求めた。

 首相は新型コロナウイルス対策に関し、世界保健機関(WHO)について「科学的な調査・検証が、透明性ある形で着実に実行されることを重視し、積極的に協力していく」と表明。

 途上国向けのワクチン供給に貢献する姿勢を強調した。

 コロナ収束後を見据えた成長産業として「グリーン」と「デジタル」を掲げ、地球温暖化対策やデジタル改革に大胆な投資を行うとした。「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向けた取り組みにも改めて意欲を示した。

関連ニュース