記事詳細

【大前研一 大前研一のニュース時評】五輪「4年ずつずらす説」あり得るか 海外ではすでに東京五輪「無理」報道 (1/3ページ)

 IOC(国際オリンピック委員会)のトーマス・バッハ会長は22日、東京五輪開幕まで23日で半年となるのを前にメッセージ動画を公開し、無観客での開催も選択肢になり得るとした。

 IOCがここまで五輪開催にこだわるのは、全米3大ネットワークのNBCが2032年までの放映権契約をしているからだ。無観客でもテレビ中継ができれば、IOCは莫大(ばくだい)な放映権収入を得ることができる。だから、NBCが「イエス」と言えば、IOCはOKだ。

 結局、バッハさんはどこを向いて話をしているのかということだ。あの人は1976年のモントリオール五輪のフェンシングの西ドイツ(当時)代表で、団体で金メダルに輝いている。同競技は剣で相手の体を突くとポイントとなるが、意外にバッハさんの「突き」は甘い。突かなければいけないのはNBCだ、と言いたい。

 感染力が強い新型コロナの変異株(イギリス株)について、英国のボリス・ジョンソン首相は22日、「高い致死率と関連している可能性がある」と警鐘を鳴らした。中国・北京(大興区)でも変異した新型コロナに感染した人が確認され、約155万人を対象にPCR検査を実施した。

関連ニュース